素質論Lスタイル

2016年8月6日土曜日

素質タイプとオリンピック

2012年オリンピック開催時、代表選手のタイプを調べてベクトルAが非常に多かったことを覚えています。大運動会といったように言葉に「大」を付けたがるのはベクトルAだという話を聞いたことがあったので、オリンピックのような大会で最もモチベーションが上がるのがベクトルAに違いないと勝手に思っていました。

特にバレーボールのように高く飛び、強く打つような競技では、ベクトルAが多くなるのではないか?また女子バレーの練習における鬼ような厳しさからベクトルHが少ないのではないか?

2016年リオでの女子バレー代表は14名
ベクトルE 7名
ベクトルA 4名
ベクトルH 3名

素質コア60分類をベクトル3分類に振り分けた際の数値は以下のようになります
ベクトルE 24(40%)
ベクトルA 16(27%)
ベクトルH 20(33%)

残念ながら思ったような数値ではありません。
サンプルが少ないのは別にして、そもそもバレーボール代表メンバーは監督や協会が選出するのであって、選手が自分で決めるものではないと気づきました。

ベクトルEが多いことから、監督はベクトルEなのでは?

眞鍋政義監督は1963.8.21生 125-125-888  E-E-A

この監督さんの素質タイプの並びは、バレー監督のイメージにある鬼監督そのものです(日常に戻ると楽しく明るくひょうきんな人かも知れません)
ちなみに、今回の代表14人のうち素質タイプ125は3名です。

バレーは生まれながらの肉体的素質の影響度が高く、素質タイプのみで考察すること自体に無理があるものの、少ないサンプルの中においては、日頃感じていることと部分的に一致しました。



2016年8月3日水曜日

モチベーションがスキルアップの監督二人

YOUTUBEで柔道全日本監督井上康生さんと前監督篠原信一さんの対談番組を視聴しました。

先輩後輩の信頼関係で結ばれた和やかな雰囲気の対談で、これぞ「ベクトルHの対談」という感じです。とてもよい雰囲気なので、多くの人が共感できる内容だと思われるものの、ベクトルHにとっては格別に心地良い映像だと思われます。

篠原信一 1973.1.23生 012-025-000
井上康生 1978.5.15生 025-555-100

012と025は、モチベーション6タイプでは同じスキルアップとなります(さらに篠原さんのセカンドが025なので、コミュニケーン時に共感できる組合せです)
<スキルアップ>
・自分や自分を含む環境が日々進歩、向上していることを目指す。
・人としての信頼を気遣い、進歩、向上する為の情報を取り入れる。

コアで言うと篠原さんは、0126になります。
私の古いメモには以下のように記述されいます。
0126~実直・義理人情・ユーモア、率直にストレートに物言う人情家。しかし「現実的でもあり、事実を見極めて見られ方を計算している。周囲に不快感を与えないよう気遣っている」

柔道の世界を退いてからの篠原さんは、本来の自分をさらけ出しているようでいて、テレビに映らない所では、周囲には相当気遣っていると思われます(それでも012なので、いつの間にか自分が中心になっているかも知れません)

ちなみに井上康生さんのコア0254は以下のように記述しています。
協調性・柔軟性・保守的、わがままな考えを持っていても、人前では出さない。癖を出さない、万人に好かれたい。間違ったこをして、うしろ指をさされたくない。

今週からオリンピックが始まります。前回金メダル0だった全日本男子柔道の結果がどうなるのか楽しみです。

2016年7月9日土曜日

パワーか、フォースかは「勇気」が分岐点

図書館で「パワーか、フォースか」というタイトルの書籍を目にしました。いつ頃読んだかは覚えていないものの、古い友人に会ったかのような懐かしい感覚がしました。

譲ってしまった書籍で手元には意識のマップと題された図表のコピーのみが自宅に残っています。

キネシオロジー等の臨床実験により、人の意識を数値化した点がユニークであり、ネガティブとポジティブの分岐点に位置するのが数値200の「勇気」というくだりが、とても印象的だったので持ち歩く為にコピーしたのを覚えています。

「嫌われる勇気」という書籍がベストセラーになっていたり、最近になり「勇気」という言葉をよく目にするのでブログアップしました。最下段が「恥」というのも同じく印象的です。

「意識のマップ」から一部抜粋

レベル 
700:悟り
600:平和
540:喜び
400:理性
500:愛
350:受容
310:意欲
250:中立
200:勇気
175:プライド
150:怒り
125:欲望
100:恐怖
075:深い悲しみ
050:無感動
030:罪悪感
020:恥

200以下のレベルでは、自分が生き残るためだけに、エネルギーが使われる。

表紙裏面には、故・船井幸雄氏のメッセージが記されています。
「本書では「力」には人を強くするパワーと、人から命とエネルギーを奪うフォースがあること、今多くの人たちはフォースにあこがれているが、それは本来はたいした力でもなりことが証明されている。日本人がパワーを多く持った存在でよい未来づくりに一役買えそうなこともわかる。心ある日本人に、ぜひ一読を奨めたい本である」

2016年7月3日日曜日

タロット

目の前の事象に対し、自身がどのように「感じた」かを認識するようにしています。
また、その事象を違った視点で再認識するようにもしています。

再認識するツールとしてタロットを使うこともあります。
伊泉龍一さんが提唱している「パースペクティブ(視点)」的な使い方です。

昨日、ワンカードで「カップの5」が出ました。このカードが正位置で出た場合は、「喪失・落胆」といった意味を持ちます。

視点として使う場合は、自身の背後にある残されたカップに目を向けます。「目に見えない何かに気がついていないのでは?」という視点で黙視します。

タロットでのカップ(聖杯)は、火、地、風、水、の4元素においては水(感情)になります。数字の「4」は□(安定・固定)を意味し、「5」は(変化・行動)を意味します。カップ5のイメージは、安定していた4に動きが加わり、水が溢れた状態です。

タロットは大アルカナ(22枚)小アルカナ(56枚)からなりますが、
4元素と0~9の意味を理解すれば、とても親しみやすいツールとなります。

素質論であれ、タロットであれ「直感」を磨くためのツールだと考えているしだいです。


2016年6月21日火曜日

母子手帳

自分の母子手帳を実家で発見したのが3年前のことです。
生まれた時刻は夕方の6時だと聞いていたのに対して、
母子手帳の分べん日時欄には午後9時45分と記載されていました。

わずか3~4時間の違いながら、四柱推命の命式に置き換えると全く違った印象になり驚いたことを覚えています。

ジョーティシュと言われるインド占星術のティーチャーになると、依頼者とのコンタクトにより生まれ時間を割り出すという話を聞いたことがあります。

まだまだ知らない世界が幾重にも広がっている感じです。

※「母子手帳の真実」というキーワードでweb検索すると驚くべき事実が出てきます。
  年間医療費38兆円・・・
 




2016年6月18日土曜日

地理的相似象

日本は、地理的相似象として、地球世界の縮図であるといわれます。
知人の集まりで、世界と日本の地形を相対させた絵柄(縮図)を見せられました。
富士山とヒマラヤ山脈、琵琶湖とカスピ海が同じ位置にあったりします。

その対比の中で、これまで認識していなかったことが一つありました。

北海道の先住民族と北アメリカの先住民族の対比です。

「西へ突き進み、北アメリカ大陸だけでは満足せずに、ハワイを侵略し、そして我が国を強制的に開国させた」との認識があっただけに、強く心を打たれました。

同じ絵柄であっても、見るタイミングによって、これほど印象が違うものかと驚いたしだいです。

※以下のサイトが詳細に解説してくれているのでリンクします 
地理的相似象

・四季をはじめとして、全ての大自然が揃っているのが日本、
 ~全てが揃っているので、手放していく文化
・YOUとIを対比させる言語に対して日本語には主語を必要としない
 ~私達は一つという宇宙観

2016年6月15日水曜日

ベジマイスター

日頃、お世話になっている友人主催の料理教室があります。

そのテキストの最初のページに記載されている文言です

「SOFAの提唱するベジマイスターは、食べ方を提唱するのでなく、調理法の伝授でもなく、この世に生を受けた喜びと、人生のミッションに気づくために、心の周波数を自然界と同調させる事の喜びを多くの方に知らせる役割を言います。

日常にある幸せを見つけるマジシャンであり、人知れず利他で行う智慧を備えた人と言えます」

SOFAのホームページをリンクします。
何かを感じた人は、みてください。

SOFAベジマイスターコース