素質論Lスタイル

2012年10月23日火曜日

素質論とは

1.概要 生年月日から導き出した素質論CANCODE(キャンコード)というコミュニケーションツールを使い、目に見えない心のエネルギーを表現し一人一人が生まれ持っている素質を発見し生かしていくための研究の総称。
皇帝・戦国武将などが国を治めることに用いた「帝王学」に由来するが、オービスコーポレーションが中心となり100万以上のサンプルを統計分析して一般の人にも使えるように体系化した理論。

<キーワード>
生年月日:太陽と月と地球と人間をつなぐキーワード
素質:人が生まれ持っていて、性格や能力などのもとになる心的傾向。
目的:人間関係を円滑に進めていくためのコミュニケーションツールとして活用する

 
2.素質論CANCODEの構成

CANCODEとは心的傾向性を数値とアルファベットの配列により表現したコミュニケーションツール。全21桁からなる記号で表記され11の視点から分析可能

a.素質タイプ(12分類) 
b.素質ベクトル(3分類)
c.レスポンス 
d.マネジメント 
e.コミュニケーション 
f.モチベーション
g.ポジション 
h.素質コア 
i.ベースポテンシャル 
j.ポテンシャル 
k.タイムコード

表記例)108-919-100-1088-B-c-g-a-3-5-7-8

素質論基礎講座では上記a.素質タイプとb.素質ベクトルを学ぶ、それが素質論全体の基礎でもある

1.素質エレメントとは
2.素質ベクトルとは
3.素質タイプとは
4.素質タイプの算出方法




0 件のコメント:

コメントを投稿